技術

売値は安くなるもの

売値は安くなるもの

(公開: 2014年12月16日 (火)

「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売り買いして利益を稼ぐ投資です。

 

売買の注文の価格はいつも変化しています。

 

これがマーケットです。

 

ラジオのニュースを聞いていると、通貨の情報が流れる状況があります。

 

よくあるのが「今日のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表示しています。

 

別の表現をするとトレードには買いと売りの両方の値段が存在します。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表現している取引業者もあります。

 

通常は買値よりも売値のほうが安価になるものです。

 

実際に買値は高く、売値は安くなるものです。

 

その差をスプレッドといい、FX会社の利益の1つになっています。

 

スプレッドの狭さは会社によって変わります。

 

スプレッドは投資家にとって手数料になるので、小さいFX取引会社をピックアップしたほうが儲けられます。

 

ただし、同じ業者でも状況に応じてスプレッドの差は変わります。

 

もし普段はドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッド幅であっても為替相場の動きがかなり大きい場合には1銭よりも広くなる事があります。

 

ですから、スプレッドが狭いのと、変化が少ないということが肝心です。

 

今では動かないスプレッドを示すFX業者もいくつもあります。

http://blog.goo.ne.jp/joprajop

現実にFX業者の取引画面の上でマーケットを確認しなければ見分けられないのでわずらわしいですが大切な事です。

 

多額の財産を預けてエントリーをしますので、リアルなトレードの前に、関心がある取引会社の新規口座開設をどんどんしてスプレッドの狭さを点検しましょう。

 

同じ通貨でもそのときのマーケットの条件によって、スプレッド幅は異なる場合があります。

 

いつもはインターバンクで取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭く他の通貨ではスプレッド幅が大きくなる傾向にあります。

 


父親は髪がフサフサですが、隔世遺伝があるのではと心配です

父親は髪がフサフサですが、隔世遺伝があるのではと心配です

(公開: 2014年12月 7日 (日)

最近髪が少なくなってきたような気がしています。

そんなに髪が抜けている感覚もないんですが、気になってから枕などを注意して見るようになりましたね。

そうすると結構抜け毛ってあるものなんですよね。

朝にびっくりすることもあります。

父親は髪がフサフサなんですが、祖父はちょっと心もとなかった記憶があるので、隔世遺伝はあるのかなと心配になってきます。

しっかりと対策を取っていくべきでしょうね。

出来るだけ長く髪があることを楽しんでいきたいですから。

髪は一定周期で抜けては生えるを繰り返しています。

ですが、生活が乱れたりしてこの周期が狂ってしまうと抜け毛の原因にもなる可能性があるそうです。

まだ抜けるタイミングではない毛が抜けていってしまうことで髪が少なくなるんですよね。

対策は規則正しい生活をして周期が崩れないようにすることのようです。

体調も良くなりますし、健康的な生活を心がけていこうと強く思います。

髪の毛も健康からということですね。

抜け毛解決法なら、ここ


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。