地域

初心者が忘れてはいけないこと

初心者が忘れてはいけないこと

(公開: 2014年12月 3日 (水)

FXビギナーが市場の重要なところを理解するには最初にトレードを積んでいく事が不可欠です。

 

とりわけ、先にピンチを察知できるようにするようになるには失敗を積み重ねることも大切です。

 

無論、マイナスになるといっても、やり直しが効かないほど重大な過ちをする事は出来ません。

 

やり直せるぐらいの負けを幾度か体験することが最後に己のレベルを上げてくれます。

 

この考えではまずは少ない資金でトレードを行ない幾度か小さな損をすることが必要です。

 

100万円だけしか資金がない場合、よく考えずに全部投資して売買すると、負けた時、今後元に戻せない怖さがあります。

 

それよりも、たとえば資金の10%ずつ小分けして取引して、これによって勝ち負けを繰り返したほうがじょじょにマイナスをカバーする方策なども習得するはずです。

 

小さな額でエントリーする事の良いところは自身の経験値を高め損をコントロールする方法を学んでいく事にありますが、合わせて、取引の回数を増やすことによってリスクを減らせるという価値もあります。

 

例として、売り買いで利益を上げられる可能性が50%だと考えます。

 

同じだけマイナスになる可能性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の確率で勝てることを示しています。

 

だがしかし、全部の資金をつぎ込んで1回こっきりのエントリーをするということは明確な勝ちか、負けのいずれかになります。

 

このままでは賭けと同じです。

 

言い換えれば、全ての資金を賭けて1回しか取引をしないとこれだけでは損する確率が高くなります。

 

そのため、投資資金を1度に全部投じるのではなく、いくつかに分割して機会を増やす事がリスクコントロールとなります。

 

ただし何回かに分けたとしても全てのトレードで儲ける必要はありません。

 

正しく言うと、勝利できないのが本当のところです。

 

トレードで大切なのは勝つ確率ではなく、いくら儲けるかである。

 

勝率5割でも、さらに3割でも儲かる時は儲かる。

 

7割負けても損益が小さければ、わずかな勝ちのプラスだけで相当利益を上げられます。

 

それには、損を少なく、利益を大きくを忘れない事です。

 

損失が出たら素早く損切り注文して、反対に利益を上げられる場合には可能な限り大きく利益を出す事が、外為初めての方がFXで儲ける神髄です。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。